• コールセンターに採用される際に必要とされるスキル

    コールセンターに採用されるにあたって最も重視されるスキルは社会性能力、すなわちコミュニケーションスキルです。



    コールセンターでの仕事は単に顧客の要望を聞いて、それにふさわしいマニュアル返答を行うというものではなく、顧客が何を望んでいるのか、何に不満を持っているのかを鋭く感知する能力が求められており、そして、そのセンスに基づいたサービスの提供が顧客の満足度や企業のイメージ上昇に繋がっていきます。

    コールセンターの職務にはオペレーター、スーパーバイザー・マネージャーの2つの職務があり、当然、この2つの職務では求められるコミュニケーションスキルも微妙に異なってきます。



    一般職となるオペレーターでは、主に人の話をきちんと聞き取る能力が求められ、業務用の知識を素早く把握する能力も必須となります。
    また採用されるにあたっては志望動機や自己PRをきちんと採用担当者に伝えられるかにも懸かってきます。オペレーターの上級職となるスーパーバイザー・マネージャーは、個人対応だけでなくチーム全体を管理するマネジメント能力や、部下をうまく導く上で必要となるトーク力などが求められます。


    また仕事内容や目標数値などを上司や部下に具体的かつ正確に伝える能力も求められ、さらにすぐに満足することなく、常にスキルアップする意識も必要とされます。


    コールセンターで磨いたコミュニケーション能力は、転職する際にも役立ち、特に営業職やマーケティング部門、企画部門でその能力を発揮することができます。また契約社員であってもこれらの能力を十分備えていれば、正社員へと登用される可能性も高くなります。

    マイナビニュースならお任せください。